「星と花」(ACOA)での回復とは

単に、症状がなくなることだけではありません。 従って症状だけを取り上げて、それを無理にやめさせようとしたり説教をしたりすることはありません。
AC・摂食障がいからの回復で大切なことは、今の自分を認め、自分を責めずに、自然な自分を受け入れることです。
その為にはまず一人で悩むことを辞めて、同じ悩みを抱えた仲間たちに囲まれて「ありのままの自分」でいても大丈夫だと 感じられる「安心できる場」を持つことが必要です。
同じ悩みで苦しんできた人たちが、AC・摂食障がい本人からの正直な体験を聴くこと、本人も心を開いて自分を語れること、 そうして向き合わねばならなかった「問題」と「体験」を、仲間と分かち合うことで相互に援助しながらゆっくりと回復に 向かい、新しい生き方が出来るようになるのです。

これまで本当に長い間あなたを苦しませ悩ませてきた問題がここに用意されたプログラムによって、 やがて解決へと繋がることを私たちは何よりも願っています。


★回復に向けてのヒントと気づき★
  1. 共依存について理解しよう。

  2. 子供の親も子供であったことを考えてみよう。

  3. 仲間を見つけて、一人で抱えず分かち合おう。

  4. こころについて勉強してみよう。

  5. 他人をコントロールしようとするこだわり(支配依存症)こそ、あらゆる依存症(嗜癖)の 温床であることに気づいていこう。

  6. 仲間の中での自分を感じてみよう。

  7. 無力に気付き共依存症の円環からはずれよう。

  8. 自分という他人に気づいて、そんな自分と仲良くしてみよう。

  9. 原因(思考)と結果(体験)を取り違えないように。

  10. 回復とはコロンブスの卵のようなもの、手近にあるあたりまえのこと。 ただ、それをやってみる気になるまでが大変なのです。